AGEHA

AGEHA

AGEHA RECRUITMENTAGEHA RECRUITMENTENTRY
DESIGNERDESIGNER

YUICHIRONISHI

西 裕一郎
制作部 アートディレクター
2017年 入社

AGEHA PEOPLE 16

世の中の「困った」をなんでも解決する人になる

世の中の「困った」をなんでも解決する人になる

前職の仕事内容を教えてください。

前職は小規模なデザイン事務所で、WEBを中心にインタラクティブなデザインを12年近く経験しました。当時はflash全盛期の期間でもあったため、一時期はactionscriptを駆使したWEBサイトのプログラミングも並行して行っていました。また、「面白そう!」と思えば、WEBデザインだけでなくアプリデザインやサイネージ、モーショングラフィックの映像の作成も携わっていました。

現在の仕事内容を教えてください。

WEBを中心としたデザインと、そのアートディレクションを担当しています。ディレクターやプロデューサーとコミュニケーションを取りながら、クライアントの想いを形にできるデザインをアウトプットしていく仕事です。また、デザイン・エンジニアチームのマネジメントも任せていただいています。メンバーの育成やチームリーダーと連携しながら、いかにメンバーの持つ能力を最大化してクリエイティブ力を上げていくか、日々勉強中です。

入社理由について教えてください。

きっかけは、数年前から友人に揚羽を紹介してもらっていたことです。いろいろな事情から転職を検討し始めたとき、揚羽に勤めている友人から誘われていたことを思い出し、面接を受けてみました。制作会社だけでなく複数の業種を受けましたが、結果的に入社を決めたのは、一番最初に内定をいただけたからです。そして、いつまで待ってもらえるかを聞いた際に、人事部長から「いつまでも待ちます!」と言っていただけたことでした。

この仕事を選んで良かったエピソードは?

クライアントと円滑なやり取りを行うためチャットアプリを使うことになったときの話です。グループチャットのアイコンをいくつかさくっと制作し、「どれがいいですか?」と投げかけました。すると「そんなことにまで時間を使って提案してもらえるなんて!」と、とてもお客様に喜んでいただけたのです。私達はクライアントから、たくさん期待をいただいています。だからこそ、それに応えるために頑張っていけるんだと感じます。

仕事の中での苦労を教えてください。

採用領域の課題を解決するツールを扱っているので、時には繁忙期に忙殺されてしまうこともあります。ただ、学生が就職活動という未知の世界に飛び込むとき、ハッとさせられるパンフレットなど、クリエイティブをきっかけに未来に「ワクワク」する瞬間があると思うのです。私達がその一旦を担っていると思うと「未来の一歩を創りだす」大事な仕事だと痛感します。「企業の持つ課題」をお客様と共にどのように解決していくか。苦労しても、誰かのためにやる仕事は面白いものです!

学生時代について教えてください。

高校時代は、吹奏楽部の活動に熱中していました。お正月の数日以外は基本楽器を吹いていたと思います。その後「自然が好き」という理由で造園学科のある大学に入学。プレゼン資料づくりのためにphotoshopやillustratorを使っていたのですが、それで資料をまとめるのが面白くて、結果的にこの業界に足を進めることになりました。小さい頃から好きなことを見つけると納得がいくまでやめない性格なので、今の仕事は合っていると思います。

入社してから一番印象深いエピソードは?

自分は5月に入社したのですが、その次の年の4月にあった新入社員の歓迎イベントがとても記憶に残っています。新入社員を歓迎するために作り込まれた映像やサプライズの演出の数々。今までに見たことがないほど手の込んだ歓迎会で、新入社員もとても楽しそうに過ごしていたのが印象的でした。「自分も一月早く4月に入社すればよかった!」と、本当に後悔しましたね(笑)

今後挑戦していきたい仕事は?

誰かの「困った」を解決する仕事であれば、なんでも手がけたいと思っています。採用に限らず、お客様が本当に必要としているものを一緒になって作り上げて解決していく。そのためには自分の関わっているデジタル領域であっても、WEBに留まらずどんどん新しいことに挑戦していきたいです。

将来どんな人材になりたいですか?

自分の携わるデジタル領域も、表現手法は複雑化し、更にワクワクできる高度なものに変容しています。デザインは「伝えたい情報を伝えたい人にきちんと伝えること」なので、伝える手法は特に限定していません。常に人の行動の一歩先を見ていけるようにアンテナを張っていきたいです。究極を言えば、デザインを通じて世の中の「困った」をなんでも解決する人になっていたいです。

好きなクリエイティブについて教えてください。

画家のパウル・クレーが好きです。シンプルな線と面で構成されているのに、強さや畏れのようなものを感じられる。きっとその深さに惹かれているんだと思います。もう一人、ヘルマン・ヘッセという小説家の「どこかに」という詩が好きです。しんとした静けさの中に底知れぬ熱を感じる、人の根源をあらわしているような素敵な詩です。これはとあるアニメーションで象徴的に使われていたのをきっかけに知りました(笑)

揚羽の魅力を一言で!

人の良さではピカイチです!

他の社員を見る