AGEHA

AGEHA

AGEHA RECRUITMENTAGEHA RECRUITMENTENTRY
MOVIE DIRECTORMOVIE DIRECTOR

MAKOTOSUMIYOSHI

住吉 真
制作部 映像ディレクター
2014年 入社

AGEHA PEOPLE 14

映像ディレクターとしての専門領域を超え、
課題解決のためのパートナーに進化する

映像ディレクターとしての
専門領域を超え、
課題解決のためのパートナーに進化する

前職の仕事内容を教えてください。

前職ではTV番組の制作をしていました。朝の生放送の情報番組担当だったので、ニュースを探す日々。ディレクターとして日々ネタ探し、取材、撮影や編集のディレクション、スタジオディレクションなどを行って番組を作り上げていました。更には現場でのレポートも経験しましたし、新番組の立ち上げ時に1コーナーを担当、タイトルテロップデザインの監修なども行いました。

現在の仕事内容を教えてください。

映像ディレクターとして、企画構成から撮影ディレクション、編集までを行っています。ディレクターの仕事とは、「全てに決断を下すこと」だと考えています。パートナーや社内メンバー、クライアントから集まる情報を咀嚼し、求められている成果を導き出す仕事です。また、営業に同行して企画をプレゼンしたり、時にはヒアリングの段階から同行することもあります。その結果次第では映像ではない提案を行うこともあります(笑)

入社理由について教えてください。

転職のきっかけは「1人で映像を作り上げる術を身に着けたい」と感じたからです。TVディレクターは分業が進み直接自分の手で何かを作る機会が少ないため、より制作経験を積みたいと考えました。ただし、制作会社は個人が黙々と作業する雰囲気の会社が多く、チームで仕事をしてきた自分には合わないと悩んでいたとき、揚羽に出会いました。明るくオープンな風土の中、WEBや経営、営業など様々な業務に関われることに可能性を感じ、入社を決意しました。

この仕事を選んで良かったエピソードは?

日本社会をリードしている企業の採用を改善している実感が湧いたときです。どんなに有名な企業であっても、内部では様々な悩みがあります。私達はその悩みに対して、自分のもっている様々なリソースを駆使して、制作物や業務プロセスを改善する提案を行っていきます。そこでクライアントの求める成果が生まれ、喜びの声を頂いたときは最高に嬉しい瞬間のひとつです。また「あの会社の採用を自分が改善した」と誇りに思うこともできます。

仕事の中での苦労を教えてください。

主に採用映像を扱っていることから、その年の採用スケジュールに合わせて繁忙期が発生します。成果物と向き合う中でどうしても労働時間が長くなることがあり、そのような状況が続くと苦しさを感じます。ただ、クライアントや仲間から「良い映像だね」「ありがとう」と言われると制作中の苦しさも吹き飛ぶくらい嬉しいです。また、近年は採用以外の案件も増えており、徐々に繁閑の差も少なくなってきています。

学生時代について教えてください。

中学生の頃からテレビ業界に強い憧れを持っていました。大学では映像メディアについて学びました。所属していたストリートダンスサークルでは会長を2年間努めました。年次の定期公演をよりレベルアップさせるべく、演出や映像制作を経験。最後の公演の準備には力が入りすぎて、月に6日しか家に帰らないほどダンスと映像制作に没頭しました(笑)4年間アルバイトもしていたスターバックスでも、とても素晴らしい仲間と多くの学びを得ました。

入社してから一番印象深いエピソードは?

年に2回ある社内コンテストで、MVPを頂いた時です。初めての受賞だったので、受賞したこと自体もとても嬉しかったのですが、周りの社員たちがまるで自分の事のように祝ってくれました。「住吉がMVPをもらってくれて私まで嬉しくなったよ!」「住吉の良さが評価されてよかった!」と一緒に喜んでもらえたのが何より嬉しかったです。グッドニュースを共に喜び合える、揚羽の温かさを改めて感じた瞬間でした。

今後挑戦していきたい仕事は?

映像だけを手がけるのではなく、採用フロー全体を見通して設計していくところから入っていきたいです。ツール単体では解決できない課題も、採用活動全体を見直すことによって解決できることがあるはずだと感じています。各所から様々な観点・ノウハウを吸収し、クライアントにとって最善のプランを提案、制作していって、日本の採用活動全体を良くしていきたいです。そのノウハウを採用を超えた領域でも活かし、様々なストーリーが生み出せる人間になっていきたいです。

将来どんな人材になりたいですか?

私はスペシャリストというよりはゼネラリスト基質な側面があるので、クライアントの課題を多様な側面から捉え、映像のみならず様々な解決策を駆使して、課題を解決できる人材になりたいです。また、揚羽でともに働くメンバーの抱える悩みも解決していけるような人間になろうと思います。ひとまず直近の目標は、「映像ディレクター」という肩書を外すことです(笑)

好きなクリエイティブについて教えてください。

一番好きな映画は「ゴッドファーザーシリーズ」。テレビゲーム、ボードゲームも小さい頃から好きでした。学生時代に取り組んでいたダンスは今でも大好きです。舞台づくりにもとても興味があります。ゲームやダンス、舞台などは一見仕事と関係ないようにも見えますが、それらの知見がお客様への提案に繋がることもあります。そういう提案がお客様に採用されたときは興奮しますよ!

揚羽の魅力を一言で!

人のために動ける社員が集まった会社です。
自分の責任を果たしていれば、どんどん挑戦できる風土です。

他の社員を見る